豫山会の活動

財団の活動(定款から)


 私達は、愛媛県知事の認可を受けた財団です。
 愛媛県関係青少年に対し、社会教育活動の振興を助成し、その援助を行う
とともに体育の奨励につとめ、もって心身ともに健全な青少年の育成に寄与
することを目的としています。

                  具体的には、愛媛県に関して、
                 次の事業を行っています。
                    〇 寄附事業
                     ① 青少年の社会的善行の奨励等
                     ② 青少年の体育、スポーツの奨励振興
                     ③ 青少年に対する援助
                    〇 豫山会マンション東北沢の維持運営
                    〇 その他この法人の目的を達成するために必要な事業。
  

 

代表理事メッセージ


               このたび代表理事に就任いたしました河野芳久です。  

               本財団は、愛媛県関係青少年に対し、社会教育活動の振興助成や体育の奨励に努め、心身ともに健全な青少年の育成に
             寄与することを目的とし活動しています。

              私達の財団は、旧陸軍のいわゆる愛媛県将校クラブに遡ります。どなたでもご存知の郷土の先輩である秋山好古大将
             白川義則大将ならびに山下汽船社長であった山下亀三郎氏をはじめとする愛媛県関係の軍政財界人のご尽力があって、
             変遷を重ねながら現在に至って います。
              したがって、運営自体は、次第に旧陸軍将校から自衛隊の元幹部自衛官が引き継がれており、私は、防衛大学校14期
             ( S45卒)になります。

 このような旧陸軍の先人たちの遺産を受け継いで活動しているのは、全国的にも珍しい存在であります。
 100年を超える期間「坂の上の雲」の時代からここ東京において、先人が愛媛県のために尽力されてきたことに感謝しつつ、この歴史と活動に誇りを持ち、今後さらに愛媛県関係の青少年育成のため貢献できるよう努力してまいりたいと考えています。                                                                                    以上